マリオットグループ:シェラトン・スカイライン・ ホテル・ ロンドン ヒースロー 宿泊体験記 その2/2

マリオットホテル

シェラトン・スカイライン・ ホテル・ ロンドン ヒースロー 宿泊体験記 その1に続いています。

スポンサーリンク

クラブラウンジで一服

シェラトンホテルは、SPGグループのホテルですが、少し古めですがどっしりとしていてキャラクターのあるホテルが多いです。とても落ち着くので私は大好きです。また、ラウンジが利用できるのも得点が高い理由です。

荷物を置いたらコーヒーが飲みたくなったので、早速ラウンジに行ってみることにしました。クラブフロアの突き当たりにあります。

クラブルーム宿泊客のキーカードを使って入ります。このラウンジは、クラブフロアに泊まっている人とマリオット会員カードのゴールド以上の人が利用できます。行ったのが午後4時過ぎだったので、簡単なスナックが置いてありました。

大好きなトルティーヤチップスが!早速いただきました。

コーヒー各種、ジュース、赤・白ワイン、ビール、ミネラルウォーターなどが置いてあります。ラウンジは6:30AMから10:30pmまでオープン。朝ごはんは、月曜~金曜日 朝6:30~10:30、土日は朝7時~11時まで。お酒とおつまみが出る夕方のハッピーアワーは、午後6時~8時までとの事。

ゆっくりコーヒーを飲みながら、仕事や読書などをするのにぴったりの場所です。

一階のロビーの様子

一階のロビーの方に降りてみました。正面玄関を入ってすぐ左側には、小さなスターバックスがあります。ちゃんと、外にテラス席と室内の席があります。朝早くから夜遅くまで開いています。

フロントデスク、SPG会員専用のカウンターもあります。

建物の後ろ側には、大きな会議や集まりが出来るホールやコンベンションセンターがありました。当日はインド人の人達の集まりがあったようで、大勢の家族連れの人達が来ていました。駐車場も大きめの物が建物のすぐ後ろ側にありますが、一杯で場所を探すのに一苦労でした。宿泊者のパーキング代は一晩£15でした。

コンベンションセンター側の廊下とコンベンションセンターの受付。

ここの建物は、部屋がロの字に作ってあって、真ん中の中庭の部分が上まで吹き抜けになっています。屋根も付いているので、とても開放感があって気持ちのいい空間です。傘のデコレーションが楽しいですね。

屋内なのに、大きな木が元気そうに茂っています。中央はプールになっています。

居心地の良さそうなガーデンソファーが沢山置いてあるので、コーヒーやお酒を飲みながらおしゃべりをしたり、読書や仕事をするのにぴったりな空間です。

プールの真ん中には、バーがありました。夕方になると電気が付いて営業が始まります。プールは午後4時から使えます。ヒースローの横にこんなスペースがあるんですね!ビックリです。プールの近くに24時間オープンのスポーツジムもありました。
レストランは、バーとグリルのお店がスタバの横に。

インド料理レストランもありました。英国最大のエスニックコミュニティは、インド人ですので本格的な物が食べられますよ。朝は朝食の会場になります。

スタバの前にはビジネスセンターがあります。大きな画面でPCを使いたい時に便利です。プリンターもありました。

スポンサーリンク

スタバでコーヒーを買って仕事をしている人もいました。

夜のスナックはクラブラウンジで

次の日からヨーロッパ旅行の時は、だいたい日本食のお弁当を自宅から持参してお部屋で夕食をいただきます。午後6時から8時のハッピータイムに、ラウンジにお邪魔して少しお酒とスナックをいただきました。

サモサやサティーチキンなどのインドスナックと、小さなサラダや一口サイズケーキ、フルーツサラダなどがありました。きっと一階にあるインドレストランで作ったものですね。アルコール類は英国の酒税が凄~く高くてバーで飲むと結構な額になります。ラウンジがあるのは有難いです。

朝はインドレストランからブレックファースト会場に早変わり

次の日のフライトが朝9時台なので、5時には起床します。シャワーを浴びて早めに休みました。朝6時からの朝ごはんを頂いてから、すぐ空港に行く事になりました。昨日の夜には、インド料理レストランだった場所に向かいます。オープンと同時に入店したので、一番乗りです。入り口のモニターが看板になっていて、インドレストランからブレックファースト会場に早変わりです。

まだ身体も目も覚めていない状態ですが、取り敢えずコーヒーから始めます。コンチネンタルとイングリッシュ両方の朝ご飯です。コールドミートとチーズも他にニシンやサバのスモークフィッシュもありました。

フルーツ入りヨーグルト、チーズ、オリーブ、サラダ類。

チーズ各種、プレーンヨーグルト。

ベイクドビーンズとオーツ麦のミルク粥ポリッジ。

マッシュルームソテー、ベーコン、スクランブルドエッグ、ハッシュポテト。

焼きトマトとブリティッシュ・ソーセージ。英国のソーセージは、太めで柔らかい食感です。塩が効いていてスモークしていないので、ドイツ風とは随分違います。

パンとシリアルコーナー。ここは、食パンタイプ。

フルーツコーナー。

このパンの棚は、バケットやペイストリー、クロワッサン、マフィンがあります。

朝早くて食欲ないね、と言いながらテーブルの持ってきたもの。(笑)

ご馳走さまでした。^_^

朝ごはんの後直ぐにチェックアウトしました。私達は自家用車だったのですが、ホテル前からヒースローの各ターミナルまでホテルホッパというホテルから空港までのシャトルバスが走っています。これは有料です。ホテルのロビーに券売機があってそれでチケットを買ってから乗るようです。一回乗ると£4.50(バスの運転手さんに直接払う時は£5になります。)。ターミナル2、3、4行きと5行きの2種類がありますので、行き先を確認してから乗って下さい。ターミナル5は、ブリティッシュ・エアウェイズ専用ターミナルで、その他の航空会社は2、3、4になります。ヒースロー空港内の無料バスもあるそうです。こちらのタイプはホテル前ではなくバス停に止まる形です。(ホテルの前にはバス停がありませんので、荷物が少ない時は良いかも知れませんね。)もしこちらを利用したい時は、フロントに聞いて聞いてみるといいと思います。

写真に写っているのはホッパバスです。

ここはヒースロー空港を利用する前後に泊まるホテルとしておススメです。

シェラトン・スカイラインホテル・ロンドンヒースロー
シェラトン・スカイラインホテル・ロンドンヒースローで宿泊のご予約を。我々のHayesのホテルはWi-Fiの様な旅行をより楽にしてくれる特別なサービスをご提供しております。

シェラトン・スカイライン・ ホテル・ ロンドン ヒースロー 宿泊体験記 その1/2

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました