マリオットホテル: ザ・ラングリィ 、ラクショリィ・コレクション ホテル・バッキンガムシャー 【お部屋編】

マリオットホテル

こんにちは、にゃんこ夫婦です。
建物編お部屋編食べ物編の3つに分けて、ご紹介していきます。

今回は、ラングリィのお部屋編です。

スポンサーリンク

マリオットホテルの本体マリオットインターナショナルは、130カ国以上の国に6700軒を超えるホテルを運営し、世界一の規模を誇っています。ブランドは30あり、よく知られている名前ではマリオットはもちろん、リッツカールトン、ブルガリ、w、シェラトン、ウェスティンなどがあります。

今回はその中でも最上級カテゴリーであるラグジュアリークラス★5で、ロンドン郊外のバッキンガムシャーに2019年6月にオープンしたばかりの「ザ ラングリィ 、ラクショリィ コレクション ホテル 、バッキンガムシャー」をご紹介します。

現在ラクショリィ コレクションは約35カ国に102軒あり、マリオットとしても毎年増やしていく計画で、日本にも東京、京都、沖縄宮古島に3軒あります。 ラクショリィ コレクションのコンセプトは、その土地ならではの本物の体験が出来、精神を豊かにして自己改革をもたらしてくれるような現代的な旅をゲストに提供する、という凄いものです。今までのクラシックホテルのようなものではなく、新しい価値観、世界観を演出して、★5ホテルに慣れた人達にも、嬉しい驚きを提供していきたいという事でしょうか?現代は、人々のニーズも多様化しているので、サービスを提供する方もなかなか大変です。

宿泊したお部屋の様子

今回は、ラングリィのお部屋編です。チェックイン後ラウンジで待っていたら、フロントのスタッフが迎えに来てくれました。お部屋の用意が出来ました、という事で案内してもらいます。

私達のお部屋は本館の2階にある角部屋、コーナースイート13号室に、エリートメンバーのアップグレードで泊まりました。この部屋は、本館で1番良いお部屋です。アップグレードは、予約を入れた部屋の1つ上のクラスにしてくれるのが普通のやり方ですが、この日はまだオープンしてまだ1週間で、ゲストもそんなに多くないし、スタッフの練習も兼ねて部屋の割り当てをしたようです。多分、当日のお客様の中でエリートメンバーが他にいなかったのでは?と思いました。本館の中央部にある階段を使って2階に上がります。ここの部分が吹き抜けになっていて、天井に天窓が付いており自然光が入るようになっています。

淡いピンク色にグレーの縁取りの優しい色合いの天窓部分です。飾られている肖像画は、この館の当主だった人達でしょうか?

2階は、吹き抜けを囲む形で四角い廊下が付いており、放射線状に部屋が並んでいます。

13号室「Godolphin suite ゴドルフィン スイート」です。

ゴドルフィン伯爵という17世紀に大蔵大臣をしていた貴族の名前がついています。お部屋の名前は全部貴族の名前から付けられているのでしょうか?

この部屋は予約サイトでは、「メインハウス デラックススィート キング」という部屋で、メンバー価格(一般価格より安めになっています。)で一泊£1053(約145,000円・部屋代のみ)のお部屋です!!ラングリーは、1番安いお部屋で、一泊£500(約68000円部屋代のみ)からになっています。まさにご褒美系のホテルですね。

真ん中に吊ってあるランプは、オークの木の葉っぱの形です。周りの森や林の沢山オークがあるからでしょうか?

48sqmの広さですので、とてもゆったりしています。天井も高くて、ファイヤープレイスもオリジナルのものがそのまま置いてあります。部屋全体がキラキラしていなくて、とても落ち着いた色合いです。

カーペットも新品です。花の模様かな🌸?

足をのせて、ゆっくり読書が出来そうな椅子がコーナーにあります。

このお部屋は、このスタディ・ディスクの向こう側にあるドアから隣の部屋にもコネクション出来るようになっているお部屋でした。

ディスクの上に置いてある革製のフォルダーの中には、メッセージカードや封筒、便箋などが入っていました。

ディスクの上に置いてあるのは、iPadのようなディバイスです。普通、ホテルのお部屋にはホテル内の案内や情報が載っている紙のファイルが置かれていますが、それがこのディバイスに全部入っていました。レストランやスパの予約やディナーのメニューを見たり、アラームに使ったり、レイトチェックアウトのリクエストなどもする事が出来ます。インターネットネットに繋いでiPadの様に使う事も出来ました。メールをチェックしたり調べ物ぐらいはこれで充分です。便利ですね。

ベッドはホテルの案内では、キングサイズとなっていましたが、実際にはスーパーキングサイズベッドでした。スーパーキングは、幅が180㎝あり、ちょうどシングルベッドを2つ合わせたサイズです。枕も大きいものです。足元の位置にひかれている色の付いたマットは、ラゲージマットで、入室後、バッグや荷物をベッドの上に置く時にシーツが汚れないようにかけてあるものです。

ベッドサイド右側です。アラームクロックが置いてあります。時計の手前の革製のトレーは、アクセサリーや腕時計などを置けて便利でした。

ベッドサイド左側です。電話とメモとペン、テレビのリモコンが置いてあります。両脇とも横の鏡の所に照明器具のスイッチとコンセント、USB電源があります。ベッドサイドランプもクリスタルの台がついた綺麗なものでした。

夜、ディナーの後に部屋に戻ってくると、ターンダウンサービスが終わっていました。ベッドの上に置かれていたラゲージマットが外され、すぐに布団に入れるようにアッパーシーツが上の部分少し折り返されて、枕も上むきになっています。枕の上にはよく眠れるように、スリープ用のアロマバームスティクが。これをベッドに入る前に、こめかみや鼻の周りに塗るといい香りに誘われて、スッと寝てしまいました。

ここの商品がとても良かったので、帰宅後ネットで調べて色んな香りが入ったセットを注文してしまいました。両側のサイドテーブルの上にはエビアンとグラス、足元にはバス・スリッパが。(バスルーム用のタオル地で作られたフカフカスリッパです。)正に、至れり尽くせりです。

ベッドの後ろ側にある窓からの景色

正面玄関前の噴水が見えます。

ザ イングランドのカントリーサイドの景色!という感じです。向こう側は、ラングリーパークという広大な公園が続いています。

スポンサーリンク

この辺一帯は民家が無い為、夜外は本当に真っ暗になり、静かです。噴水の部分だけライトアップしてありました。

向かい側に見えるのは、ブリューハウスという離れのお部屋です。本館の方が、レストランやバー、スパも館内にあって便利ですが、全く他のゲストと顔を合わせないで過ごせるので、セレブや有名人、2人っきりになりたい!というゲストには良いのだそうです。なるほど、そういう人も来る場所なのだなぁ、と思いました。

この出窓の部分に作られた窓際に座る場所は、建物の向こうに流れる小川や池が見る向きになっています。昔電気が無かった頃に、お日様の光で読書や手芸などが出来るように考えられた場所です。こちらのマナーハウスなどに見学に行くと、必ずリビングなどの窓際にフカフカマットレスとクッションが置かれているのを見かけます。外の景色を眺めながら過ごせる素敵な場所ですね。


マネージャーさんからメッセージカード

お部屋の真ん中にあるソファーセットのテーブルには、綺麗な花やウェルカムフルーツやチョコレートとメッセージカードが。

客室係りのマネージャーからメッセージカードをもらうと、ちょっと特別感があって嬉しいですね。さて、アメニティーとバスルームを見てみましょう。入り口のドアの前に大きめのクローゼットが2面あります。真ん中にドリンクコーナーが入っています。

ドリンクコーナーは、上の棚のハーフボトルのレッドワイン(有料)とグラス、アイスペール。下の棚はコーヒーコーナーです。

コーヒーマシーンは、イタリアのメーカーで1番美味しいエスプレッソ、と言われているイリィーの専用マシーンです。カップもイリィーのものです。このマシーンは、マリオットなどのエクゼクティブルームなどにも同じものが置かれています。カプセルコーヒーは、色んな種類が4個置いてありました。

ティーは、カメリアズ ティールームというロンドンのお店のものでした。調べたところ、お店ではティーバックのものは売られていませんでした。多分ラングリーの為に、特別にティーバックのものを作ってもらったのでは?と思いました。

ホットドリンクの下は引き出しになっていて、上にはナッツ類のおつまみとミニプリングルスとトラベルアダプター(有料)。

下の引き出しは冷蔵庫になっていて、ジュース類とビール、ハーフボトルのシャンペンとワイン(全て有料)でした。

クローゼットは、左側はハンガーが沢山吊ってある空のクローゼットで、右側の下の段に色々入っていました。貴重品を入れる金庫もあります。

ランドリーバッグ、ソーイングセット、シェービングセット、ネイルセット、歯ブラシセット。それから靴磨きの布と、靴を入れておくと、磨いた後に届けてくれるサービス用の袋もありました。ラングリーの紙袋は、帰りに持って帰るものが増えた時に便利でした。

下の引き出しの中、洋服ブラシ、靴べら、シューキーパー。

バスルーム用スリッパ、ちゃんとサイズも大小ありました。

ヘアドライヤー。

大理石のバスルーム

クローゼットの横のドアから、バスルームに続いています。

バスルームにも天井までの大きな窓があって明るくて開放的です。窓の外は見渡す限り大きな木がある緑地になっているので、誰も覗くと言うことはありませんが、一応目の高さだけ薄いカーテンがかけてあります。

床、壁と水の濡れる場所は全て大理石です。

アメニティは、エルメスでした。シャンプー、コンディショナー、ボディローション、シャワージェル、石鹸、泡がブクブクとたつお風呂用のバスフォームもありました。

バスタブとウォークインシャワーの両方があります。

シャワーは、今流行りのオーバーヘッドシャワーとハンドシャワーの両方タイプです。

とっても優雅な形のバスタブです。ここでゆっくりお湯に浸かりながらシャンペンでも飲めがまるで映画のよう?!ヘチマの付いたボディスポンジもありました。

このカランとシャワーが一体になったクラシックなデザインのものは、イギリスでは人気があって、バスルーム関係のお店に行くと良く見かけます。

ドアの後ろ側には、ワッフル生地のバスローブが。肌が当たる部分がタオル地なので、使いやすいです。

1775年にマルボロ伯爵が建てた当時のラングリーの絵です。正面玄関の階段は、オリジナルのものより、現在大きめのゴージャスな感じになっているのが解ります。

バスルームがゴージャスだと、ホテルに来た!と言う感じがして嬉しいです。使うのが楽しみになりました。初日は夕方スパに行ったので、そこでシャワーを浴びてその後ディナーに行き、お部屋に帰ってきてから顔を洗って、パジャマに着替えてベッドの上でゴソゴソしていたら、いつのまにか寝てしまっていました。静かな自然の真ん中で朝までぐっすりでした。

次の日はレイトチェクアウトで午後2時までいることにして、午前中にまたスパに行ったり、お部屋のバスタブに浸かったりして過ごしました。マリオットのエリートメンバーは午後4時までのレイトチェクアウトが出来ますので、午後3時にチェックイン後、次の日の午後4時まで25時間の滞在が可能です。ホテルでゆっくり過ごして、リフレッシュしたい時にとても便利です。今まで泊まったマリオットグループのお部屋で、1番豪華で大きなお部屋でした。ラングリーは旅行中にちょっと寄って泊まるところではなく、ラングリーのために2日間時間を空けて訪れる所だと思います。特別な日を過ごすのにピッタリなので、次の結婚記念日やお誕生日スティに如何ですか?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました