マリオットホテル: ザ・ラングリィ 、ラクショリィ・コレクション ホテル 、バッキンガムシャー 【建物編】

マリオットホテル

こんにちは、にゃんこ夫婦です。

マリオットホテルの本体マリオットインターナショナルは、130カ国以上の国に6700軒を超えるホテルを運営し、世界一の規模を誇っています。ブランドは30あり、よく知られている名前ではマリオットはもちろん、リッツカールトン、ブルガリ、w、シェラトン、ウェスティンなどがあります。今回はその中でも最上級カテゴリーであるラグジュアリークラス★5で、ロンドン郊外のバッキンガムシャーに2019年6月にオープンしたばかりの「ザ ラングリィ 、ラクショリィ コレクション ホテル 、バッキンガムシャー」をご紹介します。

建物編お部屋編、食べ物編の3つに分けて、ご紹介していきます。

まずは、建物編です!

スポンサーリンク


ラクショリィ コレクション とは?

現在ラクショリィ コレクションは約35カ国に102軒あり、マリオットとしても毎年増やしていく計画で、日本にも東京、京都、沖縄宮古島に3軒あります。

ラクショリィ コレクションのコンセプトは、その土地ならではの本物の体験が出来、精神を豊かにして自己改革をもたらしてくれるような現代的な旅をゲストに提供する、という凄いものです。今までのクラシックホテルのようなものではなく、新しい価値観、世界観を演出して、★5ホテルに慣れた人達にも、嬉しい驚きを提供していきたいという事でしょうか?

現代は、人々のニーズも多様化しているので、サービスを提供する方もなかなか大変です。 今回はオープンしたばかりのラングリィを建物、お部屋、お食事の3編に分けてご紹介します。

まず、1回目は建物編です。

ザ ラングリィは、1756年建設のマールバラ公爵が狩をする為の館と庭園を使っており、2019年の6月初めの週末にオープンしました。私達は、オープンしたのをマリオットのアプリで知って次の週に訪れました。


ザ ラングリィ の外観

訪れたのは、朝から雨が降り続く月曜日の午後でした。「The Langry」のゲートを通り車で進むと、オーク(どんぐりの出来る楢の木です)の並木道が真っ直ぐホテルの建物まで通っており、周りは牛達が草を噛んでいる広い草原です。

ラングリィのある場所は、グレーターロンドンと呼ばれるロンドンとその郊外の周りをぐるりと廻っているM25という高速環状道路のちょうど外側で、バッキンガムシャーという地域にあります。近くには、ロンドンの空の玄関口ヒースロー空港やエリザベス女王陛下の週末のお城として有名なウィンザー城が車で25分の距離にあります。この一帯はウィンザー城が近い事もあって、古くから貴族の館や領地が多い地域です。

堂々とした素晴らしい建物です。本館の前の車寄せに着くと、中から傘をさしたベルボーイが出てきてくれました。車のキーを渡して、トランクの中の荷物のどれを下ろすか伝えると、荷物を降ろして駐車をするのは彼等の仕事でした。ドアを開けてもらい、中に入ります。フロントディスクの後ろの素晴らしいドアや大理石のモザイクの床などは、全て元々この館にあったオリジナルのものを修復して使っているそうです。

ザ ラングリィ のフロントの様子

モザイクの床は所々修復した後がわかります。

素晴らしいファイヤープレイス(暖炉)もあって、ここに薪が燃やされている冬も来たいなぁ、と思わせます。

この写真がファイヤープレイスの上の部分です。

天井が高くて、写真に撮ると上から下まで一枚に入りきれなくて、2枚になってしまいます。頭の上にはとても個性的なシャンデリアが。

壁の色や照明器具、テーブルなど古いものとモダンな現代のデザインとの見事なコラボレーションです。あちこちに個性的で、モダンなフラワーアレンジメントが。

まだ館内は、新しいペンキの匂いが微かにしています。マリオットは、ここの改装に5年かかったそうです。着いたのが少し早めで、お部屋の用意がまだ終わっていなかったのでラウンジで待つ事にしました。


ザ ラングリィ のラウンジの様子

「ラクショリィ」の言葉をそのままお部屋にしたような、凄く素敵なインテリアです。赤い一輪挿しの花がアクセントになっています。天井の高さは、現代建物の2階分ぐらいはゆうにあって部屋がとてもゆったりとしています。


チャーチル バー

隣の部屋がバーになっていたので、こちらも見せてもらいました。ここはファイヤープレイスの上に絵がかけてある、第1、第2世界大戦中イギリスの首相だったチャーチルの名前を取った「 チャーチル バー 」です。元々書斎だった部屋の雰囲気をうまく活かしてあります。

ウィンストン チャーチルは「イギリス歴史上で最も偉大な人物」だと言われており、未だに絶大な人気を誇っている人です。そのチャーチルは、いつも葉巻を咥えているのがトレードマークでした。

1番奥の壁に置かれているマホガニー製の棚には、最高級品のパナマ製の葉巻がズラッと並んでいました。上の棚には高価そうなブランデーもありました。

建物は本館と、少し離れた向かい側に離れがあり、全部でお部屋は41部屋です。全ての部屋がほぼ2人用なので、こんな広い館を最高80人ぐらいの人で貸し切りにして使うという事です。なんて贅沢なのでしょうか!

半地下にあるスパへと向かう

客室に案内してくれたフロントの人が、ここの建物で1番作るのが大変だったのが、半地下になっている部分に新しく造られたプールやジャグジーなどのスパの部分だった、と言っていました。お部屋に入ってひと休みした後に、水着を持ってスパに向かいました。(私達が宿泊したお部屋の詳細は「お部屋編」をご覧下さい。)

フロントディスクの燕尾服(スワローティル)を着たスタッフに案内してもらいます。貴族の館の執事のイメージでしょうか?とてもエレガントでした。スパの入り口は、本館の半地下(ローアーグラウンド)になっている部分にあって、建物裏にある離れの方から下に降りるようになっています。本館と離れにあるパーティルームに続く通路です。天井の部分がガラス張りで明るいです。

ここがスパの受け付けの部分です。突き当たりのかうカウンターまで、大理石の廊下が続きます。カウンターで部屋番号と名前、入場時間を書いて、バスローブとビーチサンダルを貰い、更衣室に入ります。

スポンサーリンク

更衣室の様子

誰もいなかったので、更衣室の中も撮影できました。ロッカールームです。

タオルは、バスシーツと呼ばれる大きめのタオルがあちこちに置いてあって、自由に使えるようになっています。パウダールーム。

置いてあるボディローションとミストはエルメスのスキンケアライン「Voyage」でした。

洗面所。

更衣室とシャワールーム。ここだけでも、ゆっくり過ごせそうです。

備え付けのシャンプーやボディウォッシュなども全てエルメスという豪華さです。


ジャグジー

どこもかしこも大理石で、いったいこの建物に何トン使ってあるんだろうか?と思ってしまいます。私達が使ったのは、スイミングプール、ジャグジー、ドライとスティームサウナがある部分です。私の大好きなジャグジーは、小さめのプールぐらいの大きさがありました。階段が付いていて、真ん中の部分に入れるようになっています。出入りがしやすかったです。

コーナー4箇所に座れたり、寝られるようになっていたり、腰の部分、肩の部分と色んな場所をジェットシャワーでマッサージ出来ます。

サウナ

サウナは写真が撮れませんでしたが、ドライサウナは一方の壁が全部ピンク色のヒマラヤ・ピンクソルトの分厚いブロックが積み上げられている壁でした。ピンクソルトの部分がライトアップしてあって綺麗でした。「地球上で最高の塩」と言われているヒマラヤ・ピンク岩塩はミネラルが豊富で、身体に良い効果があって、食用はもちろんの事、ここのようにインテリアの素材に使ったり、顔や身体の美容用品に使われたりしています。ヒマラヤピンクソルトの効果として、呼吸器系の改善、空気の浄化、アレルギーの緩和、睡眠の改善など、実に様々な効果・効能が言われていますので、サウナにピンクソルトの壁が入れてあるのはとても良いアイディアだと思いました。

スイミングプール

ゆっくり出来そうな、静かで、落ち着いた空間です。プールに入る部分も階段状になっていて入りやすかったです。

プールの底にひいてあるタイルが、ブルー系の色んなグラデーションになっているので、泳いだり、上から見下ろすとキラキラしてとても綺麗でした。

ドライとスティームサウナの横にあってこれは、上から下にあるボールに時々、サラサラと小さな氷のカケラが落ちてくる製氷機?の洒落たものです。サウナから出た時に氷を口に含んだりして使いました。

今まで色んなホテルのスパやフィットネスセンターに行きましたが、1番上等の施設でした。18世紀の建物の下に大量の水を使える様にして、こんなに凄い設備を入れたのは、さぞ大変な工事だったろうな、と思いました。

このスパの部分だけでどれだけお金が掛かっているのか想像も出来ません。私はこのスパか気に入って、帰る日の午前中にも利用しました。ここに来る前に少し鼻風邪をひいていたのですが、ピンクソルトサウナのお陰か、一晩で体調が回復してスッキリしました。

ホテルの周りの散歩

日頃都会で忙しく働いて、身体が疲れ気味の時に、1~2泊して体調のリセットにピッタリの自分の身体に最高のご褒美の場所です。朝食後、建物の周りを散歩してみました。残念ながら当日は曇り空でしたが、昨夜からの雨を止んでいたので、玄関から外に出てみました。後ろの方に廻ると遊歩道があります。

館の左側の横に大~きな木があります。

立派な枝ぶりで凄い木だなぁ~、いつからここにあるんだろう…と見ていて気がついたのですが、ラングリィのマークに使われているのがこの木でした。

向こうのほうにいたのは、牛達でした。

敷地内には小川や池もありました。鳥だけでなく、色んな野生動物も住んでいそうです。

なんと、外にもプールがありました。温水プールみたいです。イングランドの夏は最高気温27~28℃と言ったところなので外で泳ぐには寒いかな?と思いますが。

最後に、一階のレストランの横にある女性用トイレがあんまり「サロン❣️」なので、写真を撮りました。ここだけでも、都会のワンルームマンションの一部屋よりずっと広いスペースがあります。充分住めそうです(笑)。

イングランドに旅行で 来られた方や、イギリスに住んでいる方の1~2泊のショートスティにピッタリです。特別な時間を過ごしたい時におススメです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました