IHGホテル:ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル宿泊日記

IHGホテル国内おすすめ
スポンサーリンク

IHGとは?

InterContinental Hotels Group PLC(IHG:インターコンチネンタル ホテルズ グループ)は2003年設立。IHGには、インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ、キンプトン ホテルズ&レストランズ、HUALUXE®(華邑)ホテルズ&リゾーツ、クラウンプラザ ホテルズ&リゾーツ、ホテル インディゴ、ホリデイ・インやホリデイ・イン エクスプレスなどのブランドを持っている。

インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツは、これらのブランドの中でも世界最高級のホテルブランドとして、世界各地で70年以上にわたり一段上のラグジュアリーな滞在を提供するブランドです。

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルはどんなホテル?

ヨコハマグランドインターコンチネンタルは、1991年開業。このホテルに泊まってみようと思い立ったのは、その形状のユニークさだった。遠くから眺めると”ヨットの帆”のような形をしている。いつか泊まってみたいなと自分の深層意識に刻み込まれていたに違いない。その機会が今日やってきた。私達2人+娘で2018年6月6,7日の2宿泊をした。

私が知っていたヨットの帆の形は、正面玄関ではなく、横からみた形であったのだ!実際の正面玄関はこれまた、ユニークな造形美の建築物だった。

写真は2Fの入り口。タクシーでくると1Fに入る。

IHGのプラチナム会員とアンバセダー獲得の経緯

現在のステイタスはアンバセダーのプラチナム会員。IHGのマスターカードに入会して自動的にプラチナム会員となった。カードの年会費は75ポンド(10,875円)でした。プラス200ポンドでアンバセダーのステイタスを取得。でも、すでにプラチナム会員なのに、アンバセダーが本当に必要なのだろうか? 得られる特典を調べてみると、アンバセダーはプラチナやゴールドのステイタスのない人向けのものではないかという感触を受けてもいたが、とにかく自分は経験があまりないのだからやってみよう、何かサプライズがあるのかもしれない、と思って申し込んでみた。

今夏のステイでの特典は、無料のWifi、2階のカフェバーでのドリンク券を一枚(1滞在につき)、無料の新聞を朝に部屋まで届けてくれます。

ウエルカムチョコレート、ウオーターとフルーツ

21階の部屋の様子

部屋はアップグレードされて3名がゆったりと眠れそう

スポンサーリンク

21階の部屋からは素晴らしい眺め。ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルは地上31階、140mもの高さを誇ります。客室は594室です。客室の窓が大きいため客室は明るく開放的です。

部屋の中とバスルーム。さすが日本、ワッシュレットが常設です。

お風呂は深めで体全体がどっぷりつかれます。

アメニティです。

コンセントはグローバルに対応していてとても便利。

冷蔵庫の中はこんな感じ

コーヒーとティーのテーブルです。

31階のバーラウンジからのビュー。今日は小雨が降っていて少し曇ってます。横浜港を望むベイビューと市街のシティビューと2つの顔を同時に楽しめます。

みなとみらいの運河をホテル専用のクルーズ船で遊覧する

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルは開業25周年を記念して2016年3月ホテル専用のクルーズ船「ル・グラン・ブルー」を就航しました。ホテルのすぐ裏の「ぷかりさん橋」からでて、大観覧車や日本丸、赤レンガ倉庫など、運河を遊覧できます。宿泊またはレストラン利用者は1000円のところを500円引きで参加することが出来ます。

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル専用のクルーズ船遊覧
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました